• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​ メンテナンスツール 

​◆Tool◆

BMXのメンテナンスに必要な工具を紹介します。

​上位の程 重要度が高く、とりあえずトップ4を揃えると大半は対応できます。

下位のツールに関しては、自分でパーツ交換や本格的なメンテを行う場合に必要となりますので、

予算などを考えつつ揃えて行くと良いでしょう。

BMXと一緒に購入することをオススメするツール

フロアポンプ (空気入れ)

BMXで使用するチューブの企画は米式バルブ(アメリカンバルブ)です。ママチャリなどの一般車とは企画が違いますので、

フロアポンプをお持ちの場合は確認しましょう。

米式バルブはオートバイや自動車と同じ規格になります。一般的な自転車よりも空気圧を高くしますので携帯用空気入れは不向きです。しっかりとした、エアゲージ付きのタイプがオススメです。 タイヤの空気は一週間ほどで0.5気圧程抜けます。気づかずに低い気圧で練習するとパンクの原因や、トリック上達の妨げになります。

アーレンキー (六角レンチ) 2/2.5/3/4/5/6 (mm)

メンテナンスで使用頻度No.1です。サイズの企画は9割が"ミリ"で、輸入パーツの一部は"インチ"になります。

初めてアーレンキーを購入する場合はミリを購入すると間違いありません。

握る部分が短いタイプは、力が入らずにしっかり締めれなかったり、作業中に無理な力を加えることで手が滑ってスプロケなどで大怪我をする恐れがあります。握る部分が長く、後ろ側がボール状になっている物が作業しやすいです。

ソケットレンチ (ラチェット)

​ペグの取り外しに必ず必要です。完成車を購入した際は純正のナットが浅いタイプになります。そのため普通のソケットではナットの先端しか掛からずにナメてしまう場合があります。BMXショップにてロングナットを購入するか、ホームセンターなどでディープソケットを購入すると良いです。

モンキーレンチ

​ハブのシャフト(ホイールの軸棒)にガタが出た際にナットを締めたり、ブレーキアーチの引きを調整する際に使います。モンキーのサイズについては、通常のメンテでは小型から中型の物を使うと良いです。大は小を兼ねると言いますが、大きいモンキーを使うと締めすぎによるパーツの破損や、作業中に予期せぬ場所にモンキーが触れてバイクに傷が入ることがあります。

ブレーキの調整はメガネレンチやスパナを使用すると作業効率良いです。

​自分でパーツ交換をしたい、近くにお店が無いという方は持っておきたいツール

タイヤレバー 

タイヤ交換、パンク修理で使用します。リムやチューブに優しい樹脂製がオススメです。

ペダルレンチ

ペダルを外すにはペダル専用のスパナが必要です。(アーレンキーを使用するものもあります)モンキーで無理な作業を行うとクランクに傷が入りますので、必ずペダルレンチを使用しましょう。​左側のペダルは逆ネジになります。

グリス

粘度の高い潤滑剤です。ベアリング関係やボルトなどに使用します。ステム、シートクランプなどのボルトにはグリスを塗ることをオススメします。

グリスを使うべき部分にオイルを使用すると、異音の原因になったり、オイルが乾いてパーツが固着してしまうこともありますので注意が必要です。

オイル

粘度の低い潤滑剤です。ワイヤーやヘッドセットのベアリングに使用します。よくご家庭にあるクレ556でも問題はありませんが、シールドベアリングに使用した場合は内部のグリスが溶けて流れてしまったり、オイル切れからベアリング周辺が破損してしまう可能性がありますので556を使用する際は注意が必要です。556は浸透力が極めて高いので、個人的にはブレーキワイヤー内部に使用するのはオススメかなと思います。

​パーツクリーナー

​汚れや古いグリスなどの洗浄に使用します。速乾性タイプはエアーコンプレッサーが無い場合のグリップ取り付けに活躍します。

​もっとこだわりたい!マニア向けツール

ワイヤーカッター

インナーワイヤー、アウターワイヤーを切断することができます。ブレーキワイヤーを自分で交換する場合は必須ツールです。

古いペンチなどでワイヤーを切ると切り口がホツれてしまいますので、持っていて損はないでしょう。不要のワイヤーを処分する際にも小さくカットすることでかさばらずに済みます。

チェーンカッター

名前の通りチェーンを切るツールですが、実際は切るのではなく連結しているチェーンのピンを抜くツールになります。ピンを抜くことでチェーンが外れ、実質”切れた”という状態になります。チェーンカッターはピンを抜く以外に、逆にピンを押し込んでチェーンを連結する場合にも使用します。BMX用で購入する場合はシングルスピードチェーン対応のゴツい物が良いです。

​小型なタイプは力が入らなかったり、チェーンカッターに負担がかかることで寿命が短いです。

​ニップルレンチ(スポークレンチ)

緩んだスポークを締めたり、ホイールの振れを取る為に使用します。スポークとリムを繋ぐ "ニップル" にはサイズがありますので、BMX購入店で確認しましょう。