• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​必ずできる!!

​ゼロ から始めるBMX

​このページでは、

「BMXを購入したけど、何から始めたら良いの?」「子供に教えたいけど、安全な技から練習させたい」

「YOUTUBEや色んなサイトでハウツー見たけど、技が多くてどこから手をつけて良いのか分からない!」

​という方に、順を追ってしっかりとアドバイスさせていただきます。

​子供から大人まで、安全にBMXの魅力をお伝えし、BMXを購入してプロを目指したい!!という方にも是非チェックしてください。

​これからBMXを購入される方は、こちらもご覧ください。

Step 1 

まずはBMXに慣れることから始めていきましょう。

BMXは普通の自転車と違いコンパクトなことから​、始めは非常に乗り難い自転車です。

車体はコンパクトでサドルは固く、乗り心地はクイックになっており、ハンドルをちょっと切っただけでもフラフラします。  

​いきなりトリックの練習をするのも良いですが、まずはこのBMXという自転車と友達になりましょう!

​慣れれば凄く快適に走ることができ、変速機の無いシングルスピードのダイレクト感が癖になること間違いなし!!

焦らず、とりあえずBMXに乗って走り回ってみるのも良いと思います。

Step 2 

PEG(ペグ) に "乗る" ことがライダーへの道!

BMXでトリックを行う乗り手を一般的に"ライダー"と呼びます。

​フラットランドでもストリートでも、始めはとりあえずPEGに乗ってみましょう。

PEG (ペグ)

フラットの場合アルミで作られており、滑り止めのギザギザ(ローレット)

がある、フラットランドのトリックは、9割ペグを使用します。

価格はペアで ¥5,000〜¥10,000ほど。

​​フラット用のBMXには標準装備されている。

解説動画

このペグに乗るという基本フォームはトリックに入る前の準備段階です。

単に後ろのペグに経つだけなら​、自転車に乗れる人であれば誰でも簡単にできます。

しかし!ペグは4本あります。​思いつく全てのパターンの乗り方ができでれば、それだけトリックの可能性が増えてきます。

​動画内では数種類しか紹介していませんが、足を交差させたり、片手を離したりとそのフォームは様々!

Step 3 

トリックに挑戦!!

フラット・ストリートなど、BMXのスタイルを決める前に、まずはオールジャンル対応の

"フリースタイル"から始めていきましょう!

BMXをはじめようと思うまでには何かのキッカケがあったと思います。

YouTubeなどで、BMXで高速スピンをしていたり、高くジャンプしてトリックを決めている映像を見たとことでしょう。

人それぞれ「かっこいい!」と思うジャンルは違うと思いますが、実際にトライしてみて気づく部分もあります。
 

​いきなりフラット!ストリート!と決めるよりは、両方に対応したフリースタイルからスタートすることで、自分に合ったスタイルに出会えるかもしれません。

フリースタイルとは??

その名の通り、フラットでもストリートでもないBMXの基本的なスタイルになります。​前後のブレーキを使ったり、ペグに乗ったりとBMXに慣れることから始まります。

□フリースタイルの代表的なトリック

まとめ。まずはここから!

いきなりバニーホップ(ジャンプ)やウィリーも良いですが、BMXはちょっと特殊な乗り味がありますので、この自転車になれることから初めると良いです。

​"慣れる"というのは、BMXが小さく感じないということや、立ち漕ぎでガンガン漕いでも怖くないといったことです。

BMXは、小さくて乗難いイメージがありますが、慣れれば街乗りで最速と言える乗り物です。

スピードも出ますし、ちょっとした段差も楽に乗り越えられます。

練習場所まで自走で行く方は道中に慣れることができますが、車に積んでスポットに行く場合は、BMXに慣れるという点では少しハンディーキャップになります。

​焦らず、まずはBMXに慣れる!そうすれば初級トリックも恐怖心がなくトライできますし、初級トリックができればそこから徐々に難易度をあげて行けば良いと思います!

その他のトリックはこちらから。