• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​level.3  スチームローラー

skills

​setting

フロントグライド系の基本トリックです。

​​足つきから練習しやすく、比較的覚えやすいトリックです。

​スチームローラーから展開する動きは多く、エルクやヒッチハイカー、ファンキーチキンの戻り等 使用頻度は多い

​-STEP 1  グライドの練習-

グライドを覚えるコツは、 グライド▶︎戻り▶︎入り の順番で練習することです。

​まずは足つきから練習して、リアタイヤを前に落とす練習をしましょう。前に落ちる恐怖心が無くなれば上達が早くなります。

1フットスチームローラーは直進が難しいトリックです。​映像のように大きく円を描くように進むと安定します。

グライドは上達に時間が掛かりますので、根気よく練習しましょう。

​自らリアを落とす練習を行うと恐怖心がなくなる。

​-STEP 2 戻りの練習-

ペグに戻ることをオススメします!

​初めはペダルの方が戻りやすいかもしれませんので、練習中はどちらでも問題ありません。

​ペダル戻りは常にペダルが良い位置にあれば良いですが、トリック中に回ってしまうこともあるので、必ず同じ位置にあるペグの方が確実です。

​戻る際は、シートを回してくるイメージよりも、ハンドルを少し左に切るようにすると良いです。

​-STEP 3 入りの練習-

タイヤの高さを確認しましょう。

​​まず、グライド中のリアタイヤの高さを確認します。(②)

入りでフレームを回したあとにの高さにならなければいけませんので、フレームを回す際にの高さを同じぐらいまで上げる必要があります。

動画のように確認すると、どこまでハンドルを押せば良いのかが分かりますので、非常に有効です。

​入りは、グライドが安定していれば、シートをキャッチした後に立て直せますので、自然とできると思います。

リアを浮かせる際に、リアペグを蹴っているように見えますが、実際はそれほど強く蹴る必要ありません。

​ハンドルを前方に押すことでヘッドに角度がつきますので、ペグを蹴って回すというよりは回るキッカケを作るようなイメージになります。

​STEP3までマスターしたら、入り〜戻りまで。

ハング5と違いポイントごとに分けて練習できるため、STEP1〜STEP3ができれば繋げることは簡単です。

​どうしても出来ない場合はそれぞれの完成度を確認して、失敗する部分を強化しましょう。