• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​level.3  メガスピン

skills

​setting

スカッフ系スピンの基本トリックです。

リアの場合"メガスピン"という形で使用せずとも、1スカッフで切り返したり、リカバリーで非常に有効です。

リア系なのになぜハイドラントなのか?​ と疑問に思うかもしれません。

スカッフ系スピンは、スカッフした足を直ぐにタイヤの上に戻す動きを素早く行わなければなりません。

​つまり、単純に足を速く動かす練習が必要になってきます。

リアブレーキをロックした状態でスカッフすると、当然蹴っても少ししか進みません。

ですので、素早い動作で連続してスカッフしなければ直ぐに落ちてしまうのです。

マックサークル、メガスピンのコツは色々ありますが、基本的に足を速く動かせてしっかりスカッフできていれば多少バイクの角度が悪くても回ります。

スピードを落として、右足を振った勢いでバイクを横回転させます。

かかとから半円を描くように勢いをつけ、180°〜360°ほど回れるとメガスピンに入りやすくなります。

初めの内は入りの正確さが次のスカッフに繋がりますので、綺麗に入れるよう何度も練習するとよいでしょう。

角度と目線に注意!

メガスピンは車体をかなり倒してスカッフします。

回転が安定しなかったり、ペグウィリーのように前に切り替わってしまう場合は、車体の角度が立っています。

​練習していて自分で悪いところが分からない場合は、動画を撮影してチェックすると良いです。

目線は重要!!

​目線ひとつで急にできるようになったりと、かなり大事な要素です。

赤丸の辺りを見るようにして回りましょう。

メガスピンは実は奥深く、綺麗に回れるライダーは意外と少ないです。

​人それぞれ覚えた感覚が違いますので、スクール等で教えてもらう場合は、少し混乱するかもしれません。

​ポイントを抑えて、苦手な部分を練習すると良いです。