• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​level.2  サイドスクェーカー

skills

​setting

​フロントブレーキが必要

簡単そうで難しい、意外とできないトリックです。

このトリックは比較的難易度が低めですが、覚えるのが難しいです。

プロライダーでもサイドスクェーカーのバリエーションができるライダーは少なく、キッズライダーも握力が足りなかったりと、結構スルーされています。

サイドスクェーカーは覚えるためのコツというものがありません。

"level.1 スカッフ" が全ての要素になりますので、スカッフの完成度がこのトリックマスターの鍵です。

 

 

バックワーズカールクルーザーを使用する アラウンド・ザ・ワールド はこのトリックが必須です。


​サイドヤードに入る際も一瞬使用しますので、結構重要なスキルではないでしょうか。

流行のスタイルではあまり使わないトリックですが、他のトリックでミスってこの体制になったときに、自然と繋ぎができたり、一回ピンキー入れて立て直せると かなり上手いライダーに見えます。

​個人的に覚えてて損はないかなと思います。

-練習方法-

とにかく繰り返し何度も練習するしかありません。

始めは結構力が入りますし、どこに重心を置けば良いのかが分かりません。

重心はセッティングによって変わってきますので、一概には言えない部分ではありますが、これ系のトリックはスカッフの回数を毎回数えて、それを更新していく練習をすると良いです。

あとは、サイドスクェーカーを使った次のトリックをイメージすることです。

 

​例えば、バックワーズヒッチハイカーなど、覚えたいトリックのためにサイドスクェーカーを覚る方がモチベーションが保てますし​、バックワーズヒッチハイカーの練習中に毎回サイドスクェーカーを使用するので、自然と状態します。