• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​level.1  ジャックナイフ

skills

​setting

​フロントブレーキが必要

ジャックナイフのコツは、「なぜ後輪がフワッと浮くのか?」を理解することです。

​これさえ分かれば非常に簡単で、上手くなるとブレーキの効きが悪くても問題なくできます。

後輪を浮かせることは非常に簡単です。単純に、前ブレーキをかければ重心は前方に移動しますので、後輪が浮きます。 しかし、実際にBMXに跨ってトライしてみるとそうも行きません。

 

​なぜなら、自分の体重が乗っているからです。 

​では、自分の体重が"0"だったらどうでしょうか???   答えは当然浮きますよね!

 

なので 後輪が浮き出すタイミングに合わせて膝を曲げてあげましょう。

そうしますと体重が "0"になるわけです。

体重が"0"ということは、以下の状態と同じなので、力を入れなくとも後輪が浮くという訳です。

​体重が掛からなければ、BMXから降りている状態と同じ。
ハンドルは前方に突き出すようにする。

STEP 2 / STEP 3 と共通して言えることなのですが、後輪を浮かせようとした際に、

ハンドルの押しと、膝の曲げを同時に行う必要があります。

ハンドルを押しても体重が乗っていれば浮きませんし、膝を曲げてもハンドルの押しが弱ければ高さは出ません。

 

​初めは高さを出すことに恐怖心があると思いますが、慣れてしまえば非常に簡単です。

ある程度高さが出せるようになると、高さの最高点が分かるようになります。

​戻る際は、後ろ側に重心があることを確認し、ブレーキを離すと後輪が落ちます。