• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​level.1  フロントバランス

skills

​setting

​フロントブレーキが必要

前ペグの​上でバランスを取るトリックです。

インフィニティロールとも呼ばれ、その名の通り、疲れるまで延々と止まれるトリックです。

初心者の方でも5分ほど練習すると10秒〜15秒は止まれるようになります。

このトリックは、足でタイヤを蹴る"スクェーカー"の練習に使いますので、是非マスターしてください!

​"ブレーキレバーの握り方"

フラットランドでのブレーキレバーの握りは、人差し指と中指の2本が有効的です。

ママチャリのように4本の指で握ると、ハンドルバーを支えることができないため危険です。

レバーを握ると薬指辺りに触れて痛い場合は、ブレーキの引きを調整しましょう。

​キッズライダーは握力が無いため、4本指で握ると良いです。

このトリックはブレーキをしっかり握っていれば比較的安全です。バランスを取っている最中は

​しっかりとブレーキを握り、タイヤをロックしてください。

□バランスを取るコツは?

​"基本前傾姿勢"

バランス系のトリックはペグに置いている足と逆の足でバランスを取ります。

​ハンドルを前方に倒し、ヤジロベーの要領で右足を動かしてみてください。

​​慣れない内はハンドルが太ももに当たってしまいますが、その状態では上手くバランスが取れませんので、横からのフォームを写真や動画で撮影して確認しましょう。

​"重心はペグの上"

写真を見て分かるように、重心はハンドルのセンターではなくペグの真上です。

​ペグに乗っている最中にハンドルが回ってしまう場合は、重心が右足側に乗っています。

ハンドルが回転してしまう場合は、重心が内側(写真の左側) にあるためです。

赤線のようにペグの真上に重心があればハンドルは回転しません。

​​逆に重心を内側に持っていけばハンドルが回転する理屈を利用すれば、そのまま戻ることもできます。"重心をどう移動させるとBMXがどう動く" ということが分かるとより一層楽しくなります。

​戻りが上手くいかない場合は、"飛び乗り"の成功率を上げましょう!

​左足がペダルに乗った後に落ちてしまう場合は、ハンドルをひねって真っ直ぐにした瞬間、フロントブレーキを離すよう意識すると良いです。ブレーキを離すタイミングが遅れるとBMXが倒れてきます。

​右足をペダルに乗せたときに、"漕ぐ"というイメージではなく、ブレーキを離すことだけに集中する。

​ハンドルを90°回している状態(フロントバランス)でブレーキを離すと危険だが、BMXが真っ直ぐの状態であれば倒れることなく安全です。