• Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

nyb-japan

​はじめてのフラットBMX の選び方。

​フラットランド用のBMXを いざ買おうと思うと沢山の種類があり、「実際にどれを買っていいのか分からない」 という声をよく聞きます....

​BMXに限ったことではありませんが、販売しているメーカーは自社製品が一番だ!ということで市場に出ています。

​専門知識がない場合は、その中で自分の1台を見つけるのは難しいですよね...(^_^;)

今回は、コンプリートBMXの価格差やスペックについて触れ行きたいと思います!

​BMXの選び方はここから▶️

​BMXについてもっと色々知りたい方はこのままスクロール▼

​BMXコンテンツ

BMXを選ぶ前にもっと詳しく知りたい方はこちら!

そもそもBMXって?フラットって?

​まずはここをチェック!

​購入するBMXのイメージが出来たという方は、

​フラットランドのトリックを見てみましょう!

​自分でできるメンテナンスに必要な工具を紹介しています。

​これがフラットランド!

平らな地面でスピンしたりバランスを取ったり、そのトリック数は無限大!

スポーツの中で最も技数が多く、練習と想像力で、世界に1つだけのオリジナルトリックを覚えよう!

-フラットBMX・3つの装備-

フラットランド(フラット)のBMXにはストリート用BMXには無いパーツが標準装備されています。ここではフラットに必要不可欠な3つの装備を紹介します

 

​ジャイロブレーキ

フリーコースターハブ

□3つの装備

​   "ペグが4本・ジャイロ・フリーコースター "

​フラット用のBMXはこれらのパーツが必ず標準装備されています。

​どれもフラットランドに必要なパーツで、これらが初めから付いているBMXは5万円前後から上のクラスになり、フラットランド専用BMXとされています。

​『本格派BMXと、街乗り向けBMXの見分け方』


​ネットで完成車を見た場合は少し分かりづらいのですが、基本的にペグとジャイロは多くの物には初めから付いていますが、ここでポイントとなるのがフリーコースターです。

フリーコースターはストリート用のBMXや街乗り用には付いていません。

​ですので、本格派のフラット用BMXと、そうで無い物の境界線はこのパーツの有無で判断できます。

​BMXのジャンルにていてはこちら!

価格の違いについて

ネットやショップでBMXを見ていると、どれも同じように見えますが価格の差が数万円あります。

​ここでは、フリーコースターなどのパーツ以外で生まれる価格差について触れていきます!

 

BMXを購入しようと思っている方で、最も気になるのは、完成車の価格の違い ではないでしょうか。

 

​見た目はほとんど同じなのに、なぜ数万円の差があるのでしょう?

ペグは4本付いてるし、ジャイロもフリーコースターも装備されている。

​なのに、6万円と8万円????

 

​数万円の差は??

□ ​価格の違う理由その①

BMXに限らず、市販されている自転車のほとんどは "OEMパーツ" ​を使用しています。

OEMパーツを使用する割合で価格は決まる。

OEMパーツとは、パーツ工場が作った無印パーツのような物で、自転車を作る際にタイヤやブレーキなど、完成車にう必要なパーツをを既製品やOEMから選んでいきます。

​全てをオリジナルで作りたいところですが、開発費や金型などでコストが合わなくなってしまうからです。

コストをかければ結果高級な自転車になりますので、完成車を作る際に選ぶパーツの質で、価格差が生まれるということです。

では、「BMXのパーツ全てがOEMなのか?」 と言うとそうではありません。

​もう一つの価格差を産む理由が以下になります。

□ ​価格の違う理由その②

オリジナルパーツをどれだけ使っているか?

その①で一般的な価格差に触れましたが、

どこもかしこも無印パーツを使っていてはオリジナリティがありませんし、それでは結局どのメーカーのBMXを買っても同じということになります。

そこで、各メーカーは自社開発のオリジナルパーツを付け、価格は抑えつつ、他社よりも良いパーツの付いた完成車を試行錯誤して世に送り出しているのです。

どこからがオリジナルパーツというと難しいところもありますが、工場の有り物パーツではなく、

例えばハンドルやフレームを設計していたりと、ネーム入れ以外の​根本的な部分です。

実際ここは見分けることが難しいですが、そういった要素で価格の差が生まれる1つの要因となっています。

 

​そして次に、もう1つの価格差の謎が明らかになります。

□ ​具体的にパーツの何が違うのか?

​コンプリートバイクを購入する際に、最も重要なポイントがこの部分です。

​数万円の価格差が出るパーツの違いですが。大きく価格に響いてきて、BMXを購入する際に是非チェックして欲しいのが、  以下の   フレーム、ハンドル、フォークの素材  です。

価格差が生まれる素材の違い、それは。

使用するパイプが   "ハイテンか?  クロモリか?"  というとことです!

BMXのスペックに"Cr-Mo" などと表記されているのがクロモリ素材のパーツになります。

何も書いていない場合はハイテンなどの素材を使用しています。 完成車にハイスペック素材(クロモリ) を使っていれば必ず表記しています。

因みに"ハイテン"とはハイテンションスチールの略です。

ハイテンは多くの自転車に採用されていますが、フレームに負荷が掛かる競技などの場合、パイプを肉厚にしなけれ強度が保てない為、結果構造上車体が重くなります。

カスタム用のフレームやハンドルは、ほぼ全てクロモリ素材となっています。

一部チタンやアルミもありますが、強度、重量コストのバランスを考えるとクロモリが最も優れています。

​※レース用は例外です。

​つまり、完成車の価格の差は、

どれだけクロモリパーツを使っているか!?  ということになります。

完成車でクロモリを一番に採用するのはフレームです。

​フレームのみがクロモリ、その他のパーツもクロモリ等、完成車はこのように スペックによって価格が変わってきます。

□ ​スペックと価格

こちらの価格表をご覧ください。

​おおよそではありますが、それぞれの価格帯別で採用される素材が変わってきます。

-①- とりあえず始めたいという方にお勧め。

街乗りメインで、ちょっとトリックをやってみたいという方はを選ぶのが無難です。オールハイテンだからと言っても、基本的にどんな技もできます!

競技向けでガンガン練習した時に、素材に差が出ると考えてください。

-②- 本格的に練習したい!徐々にカスタムしたい方向け。

はほとんど同じです。

BMXは、乗ってる内に徐々にカスタムしていきます。例えばもっと「軽いベグが欲しい」とか、掴みやすいシートに変えたいといか。

②の場合は、自分でカスタムする要素が残っており、逆にそれが楽しみだったりします。

​何も交換ぜずにそのままガンガン乗れるスペックなので、フレームやハンドルは折れるまで乗れる上級スペックです。ですので、BMXのカスタムは自分のタイミングで好きな物に取り替えていけば良いと思います。

-③- 最初からフルスペックに!と言う方向け。

​完全にフルスペックです。フレーム、ハンドル、フォークはクロモリで、中には単体で1万円以上するパーツが数量限定で装備されている物もあり、単品で購入していくよりかなりお得です。

①と②で後からカスタムしていくことを考えれば、初めの出費は大きいですが③は最終的には安く済むかもしれません。

​10万円以上するコンプリートバイクは、メーカーが発売している物と、ショップがオリジナルで作っている物があり、ショップの場合は11万〜15万円程と高いですが、中には20万円以上するスペックの物もあるので、かなりお得です。

お勧めのコンプリートBMX

 

​ここで色んなメーカーのコンプリートバイクを比較したいところなのですが、

一応メーカーに所属している立場として、そのメーカーを紹介させていただきます。

​デリリウムディストリビューション TNB

http://www.deliriumdistribution.com/tnb

TRICKSTER 18.9

TRICKSTERは進化し、
更にフラットランドを追及したコンプリートバイクになりました。
他とは一線を画すBMX FLATLANDに特化したフレーム形状。
BMX FLATLANDに必要なパーツはもちろん、フレーム&フォーク、
ハンドルバーはパイプの厚さから拘り剛性のある4130フルクロモリ。
サドルはトリックで掴む事を意識しフラットランド専用で
自走も考えられたソフトサドルを採用。
15mmオフセットのフォークはクイックになり過ぎないよう、
しかしながらトリックがやり易いベストなオフセット。
20×2.0(Max85psi)と太めで高圧対応のタイヤは見た目の
かっこ良さだけでなくトリックの上達を容易に助けてくれるでしょう。
ペダルも軽量でペダリングの力を効率よく伝える薄型ペダルを採用。
トリックの邪魔にならない152mmアームクランク。
ペグ4本装着時10.9kgとコアなカスタムバイクにも引けをとらない重量で、
各部品にも標準規格を採用していますので後からカスタムも存分に楽しめます。
18.9インチのトップチューブは幅広い身長に対応しており、
トリックのクリアランスも確保しつつ、
自走での窮屈さも感じないベストサイズです。
世界で活躍したTNBブランドオーナーが提案する少数生産ながら
圧倒的コストパフォーマンスを実現した
TRICKSTER18.9はBMX FLATLANDを体感出来るベストな一台です。

【TNB】TRICK STER18.9 がBMXフラットランドを始めるのにお勧めな理由とは?

 

『フレーム』

TNBのプロダクトとしては細いクロモリフレームを使用しております。クロモリ独特の”撓り”により耐久性、軽量、トリックをより向上させてくれます。

 

『フレームサイズについて』

私自身現在TT18.9のフレームに乗っています。168cmの私はこれまで18.5~19.0でフレームを選んできました。後に短いフレームや長いフレームに乗り換えるのも楽しめるサイズなので、18.9はベストサイズだと言い切れます。

 

『フォーク』オフセット(突き出し)15mm

私もですが、長年乗ってる多くのライダーは0オフセットのフォークを使用している方が多いです。しかし、初めてBMXに乗る方には自走等でクイック過ぎると感じています。最初はオフセットが若干(15mm)程度付いているほうが扱い易く乗り易いです。ある程度トリックが出来るようになれば、オフセット有り、無しを乗り方、技によって選べる様になるかと思います。

 

『タイヤ』

長年乗ってるとある程度タイヤは細いのを選びますが、初心者の方は太いタイヤの方がトリックを練習するにも自走するにも安定感があります。

とにかくいっぱい走るにも、トリックを安定させるにも太めのタイヤの方が適してると考えます。何にせよ、”BMX”は細いフレームに太いタイヤは見た目が抜群にかっこよいですね。

 

『ソフトサドル』

固めの一体型サドルは使い方が難しいので、ピボタル形式のトリックで持ち易い形状で、おしりに優しいパッド入りのソフトサドルを使用。

 

『152㎜3ピースクランク』

一般的なクランクは165㎜~175㎜ですが、フラットランドではトリックの際クランクが邪魔になる事があります。とは言えあまりにも短いと自走で支障が出てしまうので152㎜は経験上フラットランドに適したベストサイズです。

『薄型ペダル』

ペダルはロスなく力を伝える事の出来、ルックスも良い薄型ペダルです。

 

『価格的なところでは』

各メーカーがOEMで販売しているものだけで計算しても

※ フルクロモリのフレーム 50000円

※ フルクロモリのフォーク 15000円

※ フルクロモリのハンドルバー 10000円

※ サドル&ピボタルシートポスト 8000円

など総額約10万円以上のパーツを使用してます。

まとめ

​いかがだったでしょうか?

BMXは情報が非常に少なく、現役ライダーのプロショップも数少ないです。

通販などでは、BMXの知識はあるがライダー目線のリアルな使用感などをお客さんに伝えることができないといった部分もあるかと思います。

​当サイトは100%ライダー目線ですので、購入の際に必ずお役に立てるかと思います。

​BMXの購入相談も行っておりますので、記事で分からない部分などお気軽にお問い合わせください。